インフルエンザのヘルプナビ

監修:日本臨床内科医会 インフルエンザ研究班 リサーチディレクター
池松 秀之先生

こんな時どうする?わたし、インフルエンザにかかったかも?

post_summary_img.png

ちょっとかぜっぽい?でも、目下インフルエンザが流行中。もしかしたら私も…そんな時はどうしたらいい?

トピックス
  1. インフルエンザとは?

  2. 「かぜ」と「インフルエンザ」の違いは?

  3. インフルエンザの診断とは?

インフルエンザとは?

インフルエンザとはインフルエンザウイルスによる気道感染症で、症状としてはかぜに似ているものの、一般的なかぜ(普通感冒)に比べて症状が重くなりやすいことが特徴です。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型、D型があり、ヒトに流行を起こし、臨床的に問題となるのはA型とB型インフルエンザウイルスです。その流行は冬季に現れ、毎年約1,000万人1)が罹患すると推定されます。インフルエンザにかかると、咳や喉の痛みだけでなく、高熱や全身のだるさ、食欲不振といった全身症状が強く、しばしば頭痛や関節痛、筋肉痛などの症状も伴います。多くは自然に軽快しますが、合併症として気管支炎や肺炎、中耳炎、脳症がみられることもあります。場合によっては重症化や最悪の場合いのちを失うこともあります。重症化を防ぐためにも早期治療が大切なポイントです。

「かぜ」と「インフルエンザ」の違いは?

かぜとインフルエンザの⾒分け⽅

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することで発症します。 一方、かぜもさまざまなウイルスなどの病原体が原因で、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状はインフルエンザと共通しています。でも、もし発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、だるさなど全身の症状が急速に現れたら、インフルエンザの可能性があります。2)
ひとつの目安として、「朝は元気だったのに、昼ごろから急に熱が出て全身症状があらわれた」といった場合は、インフルエンザを疑った方がよいでしょう。 なお、近年は「インフルエンザらしくないインフルエンザ」も増えてきています。それほど高熱にもならず、軽症だったのに検査を受けたらインフルエンザ陽性だった、という例も少なくありません。高齢の方は微熱でもインフルエンザであることがまれではないと報告されています。3)
もし、インフルエンザが疑われる症状に気づいたら、できるだけ早く医療機関で診察を受けましょう。また、周りの人にうつさないよう
咳エチケットやマスクの着用等を心がけましょう。

about_img_01.jpg

重症化しやすい人ってどんな人?

次のような方はインフルエンザにかかると重症化しやすく、インフルエンザをきっかけに合併症などを引き起こすリスクがあるとされています。日常生活のなかでの手洗いやマスクの着用、ワクチン接種など予防意識を高く持ち、インフルエンザが疑われる場合は特に早期に受診して診断・治療を受けることが大切です。

インフルエンザが重症化しやすい人5)

インフルエンザは、乳幼児や高齢者をはじめ、以下のような方は重症化したり合併症が起こりやすくなります。

about_img_02.png

インフルエンザの診断とは?

医師の診察と簡単な検査により診断されます

「インフルエンザかも?」と医療機関を受診すると、医師の問診・診察のほかにインフルエンザウイルスに感染しているかを判定する検査(迅速抗原検出キット)を行うことがあります。(保険適用)インフルエンザの診断は症状のみでは必ずしも容易ではなく、検査の併用は有用な方法です。 検査を受けてから結果がわかるまでの時間は、使われる検査キットによって異なりますが、概ね5分程度です。以前は、発症したばかりだとウイルス量が少なく、検査を受けても陰性(インフルエンザではない)と出てしまうと言われていましたが、最近は検査キットの精度が向上しており、発症してすぐ(6時間以内)に検査を受けてもインフルエンザ陽性と診断できる場合が多くなっています。6)

※「迅速抗原検出キット」は『体外診断用医薬品』という医薬品で医療機関でのみ使用され、市販されていません。検査を受けるには医療機関の受診が必要です。

about_img_03.jpg
【迅速抗原検出キット イメージ】

インフルエンザの治療とは?

インフルエンザと診断された際の、主な治療法は抗インフルエンザ薬の使用です。発症から48時間以内に抗インフルエンザ薬を使用すると、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることで、インフルエンザの各症状(咳,喉の痛み,頭痛,鼻づまり,熱っぽさ又は悪寒,筋肉又は関節の痛み,並びに疲労感)の改善を早めたり、体外に排出するウイルスの量を減らす効果があります。また、症状を和らげる治療として高熱には解熱剤(アセトアミノフェン)、咳には鎮咳薬(咳どめ)、たんがひどい場合は去痰薬(たんを切れやすくする)などが使われることがあります。 インフルエンザはウイルス感染症ですので、細菌感染症に使う「抗菌薬」は効きません。しかし、肺炎や気管支炎など細菌感染症の併発が疑われる場合には、抗菌薬が処方されることがあります。7)医療機関では、重症度や発症からの時間、患者さんの年齢などをふまえて、薬での治療を行うかどうかや、適切な薬剤が選択されます。

受診後は自宅でどう過ごせばいいの?

インフルエンザにかかったら、体力を回復するとともに、流行を広げないためにも、自宅で安静に過ごすようにしましょう。

about_img_04.png

⾃宅での過ごし⽅

  • ・室温は20℃以上、湿度は50~80%に保ちます。8)湿度が十分にあると、のどなど気道の乾燥を防いで状態をよくし、たんを切りやすくします。
  • ・高熱による発汗により体内の水分が失われます。脱水状態にならないよう注意しましょう。
  • ・胃腸障害を伴い、腹痛、下痢などが起こることもあります。できるだけ⽔分、糖分、ビタミン類等が多く含まれ、消化しやすい⾷事をとるようにしてください。9)

インフルエンザは予防が大事!

ワクチンはインフルエンザに「かかりにくい」「かかっても重症化させない」の2つの効果があります。
インフルエンザワクチンを接種すると、体内でインフルエンザウイルスに対抗するための抗体を作らせることが可能です。毎年、その年に流行するインフルエンザが予測され、予測をもとにワクチンが作られます。しかし、インフルエンザウイルスは少しずつ変化していることもあり、予防接種でインフルエンザの感染を完全に予防することはできません。それでもワクチンは感染者の数はもちろん、重症化して入院する人を減らす上で有効と言われています。
予防接種だけでなく、日常生活での予防も大切です。
インフルエンザの感染は、感染した人の咳やくしゃみで発生した飛沫を吸いこむ「飛沫感染」や、感染した人が触った直後のドアノブなどに触り、そのまま目、鼻、口に触ることによる「接触感染」によってウイルスが体内に入ることで起こります。そこで、普段からウイルスが体内に入るのを防ぐことが重要です。

日常生活での予防

  • ・普段から十分な睡眠や栄養の摂取など、体調管理を意識して抵抗力を高めておきましょう。
  • ・人が多く集まる場所から帰ってきたときは、手洗いを心がけましょう。 手洗いは必ず石けんを使いましょう。アルコールを含んだ消毒液で手を消毒することも効果的です。
  • ・マスクを着用しましょう。厚生労働省では不織布のマスクが推奨されています。

他人に感染させないために

自分が咳やくしゃみをするときには「咳エチケット」を行いましょう。 咳やくしゃみが出そうだなと思ったら、マスクがなければハンカチやティッシュで鼻と口を覆います。とっさのくしゃみは手で受けず、袖で口を覆うようにします。

about_img_05_pc.png
参考文献

1)厚生労働省:季節性インフルエンザり患者数の推計方法の見直しについて https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/flu/levelmap/suikei181207.pdf

2)厚生労働省:インフルエンザQ&A, Q1 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

3)日本臨床内科医会:インフルエンザ診療マニュアル 2019-2020シーズン版(第14版), pp.5-7

4)河合直樹編:よくわかるインフルエンザのすべて, 2013, p18, 医薬ジャーナル社, 東京

5)CDC, “People at High Risk For Flu Complications” (August 27, 2018) https://www.cdc.gov/flu/highrisk/index.htm

6)日本臨床内科医会:インフルエンザ診療マニュアル 2019-2020シーズン版(第14版), p.10

7)厚生労働省:インフルエンザQ&A, Q11,16 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

8)Influenza Virus Transmission Is Dependent on Relative Humidity and Temperature
https://journals.plos.org/plospathogens/article?id=10.1371/journal.ppat.0030151

9)加地 正郎:インフルエンザとかぜ症候群 改訂2版, 2003, p.120, 南山堂, 東京

10)厚生労働省:咳エチケット ポスター